サバイバル生活Part1 初日の過ごし方!まずはこれだけやってみよう!

マイクラ大好きのライター『イギー』がプレイの様子を書いていきます。
好きといっても建築センスは無く、致命的にアクションが苦手、すぐに迷うと三重苦なヘタレプレイヤーです。ちなみに趣味は素材の備蓄。チェストをいっぱいにするのが大好きです。
ヘタレな分だけ初心者には共感してもらえるような内容が書けるといいな~なんて思います!

まずはワールド作成

デフォルトゲームモードはもちろんサバイバルで!
問題は難易度ですが~…。マイクラの難易度は4段階あって、内容は下の表のとおりです。

ピース 敵対Mobが自然発生しない。体力は自然に回復するが、0になると死亡となる。満腹ゲージが減らない。
イージー 敵対Mobが自然発生するが、受けるダメージがノーマルより少ない。
ノーマル 標準の難易度。
ハード 敵対Mobの攻撃力・防御力が高く、空腹状態になっただけで死んでしまう。

ノーマルが標準のゲームバランスという事になっていますが、個人的な経験上初プレイの人には難しいような気がします。私は調べながら操作しているといつの間にか夜になっていたり、メニュー画面を開いている間に敵に殺されたりしたことが何回もあるので…。
難易度は設定画面でいつでも変えることができるので、始める前にあれこれ悩むのが面倒な人は、とりあえずプレイしてみてから色々難易度を変えてみて、自分にあった環境を探してみるのも良いと思います。

…ということで、アクション下手の私は難易度イージーでプレイ開始。
ちなみにプレイ開始時に地図とアイテムが入っているボーナスチェストを受け取るかどうかの設定もできますが、今回は使いません。

[PR]

マイクラ生活開始

ゲーム開始時点の状況です。山と木に囲まれている場所なので、素材集めには苦労し無さそうですが、生き物の気配がありません。

まぁ、あれこれ考えていても仕方ないので、とりあえず素手で木を採取します。木から作成できる木材はサバイバル生活の序盤で大活躍するアイテムなのでできるだけ集めておきたい素材です。


採取の時は一人称視点、周囲を確認するときには三人称視点が便利なので、設定のビデオから視点を変えると良いと思います。


3本くらい木を切ったところで木材を作り、木材から作業台を作ります。さらに設置した作業台で木のツルハシを作りました。

石素材集め

今度は木のツルハシを使って石を掘ります。石素材を集めることのほかに、運が良ければたいまつの材料になる石炭を手に入れたいところです。
山を掘っていると壁の向こうなのか地面なのか分かりませんが「シュー」とか「カタタ…」とか、どう考えても敵がいる音が聞こえてくるのでいつ遭遇してもいいように心の準備だけはしつつ採掘を続けました。早く武器防具が欲しい…。

敵の鳴き声に混ざってウシの声が聞こえたので少し探してみると、運よく遭遇。手に持った木で殴りまくって、生肉ゲットなのです。
その後も少し動物を探してみましたが結局見つかることなく、動物探しに夢中になり過ぎて石炭を掘る前に夕方になってしまいました。明かりの無いところには敵が発生するので、夜はとても危険です。しかもマイクラの世界は夕方から夜になるまでが結構早いので、すぐに安全なところに退避しないといけません。

初日の夜

ということで、集めた土を高く積んでその上に逃げることにしました。

ジャンプしながら足元にブロックを置くとそのブロックの上に登ることができるので、それを繰り返して積み上げていきます。周りが木に囲まれているため、かなり高く積んでみました。

 

詰み終わるとすっかり日が暮れていて、遠くの山に何匹も敵がウロウロしているのが見えました。防具や回復アイテムが無い状態で敵に囲まれたらひとたまりもないので、安全な拠点ができるまでは夜はタワーの上で過ごす日々が続きます。

 

サバイバル生活 その他の記事はこちらから!

コメントお待ちしております