コンジットの効果と作り方を解説

バージョン1.5で追加されたコンジットは正しく設置することで水中でのゲームプレイの助けになる効果を発揮してくれます。地上で使うビーコンとは違い設定画面は無く、設置するだけで効果が現れます。
ここではコンジットの作り方と設置方法、受けられる効果について解説します。

コンジットの効果

コンジットが活性化状態になると、32~96ブロックの範囲で以下の効果(コンジットパワー)をプレイヤーに与えます。効果の範囲はコンジットの周りに配置している海晶(プリズマリン)系ブロックの数によって変わり、多いほど効果範囲が広くなります。

コンジットパワーの効果

・空気ゲージが減少しなくなる
・水中での視界が明るくなる
・採掘速度が速くなる
効果が最大のときのみ、コンジットの8ブロックにいる敵対Mobにダメージを与える

[PR]

作りかた

作業台でオウムガイの殻8個、海の中心1個を使ってクラフトすることができます。
オウムガイの殻は溺死ゾンビのドロップか釣りで入手できます。

設置の方法

コンジットは決められたルールのとおりに配置しないと効果を発揮しません。

基本の配置は中央にコンジットを置き、その周りを水で囲み、さらにその周りを5×5の枠型に海晶系ブロックで囲う形です。水中に設置する場合はコンジットの周りを1ブロック分空けて海晶系ブロックで囲うように作りましょう。

コンジットパワーの効果が発揮されると画面右側にコンジットパワーのマークが出ます。このマークが出ている間はコンジットパワーの効果を受けることができます。

設置に使えるブロック・海晶ブロック
・暗海晶ブロック
・海晶レンガ
・海のランタン
※ハーフブロックは対象外です。

中央にコンジットを置くには適当なブロックで土台を作ってコンジットを置き、土台のブロックを壊しましょう。

 

コンジットの周りは水に囲まれていないと効果が発揮されないため、忘れずに壊して撤去するようにしてください。

 

コンジットの効果を最大にするにはX,Y,Zの3つの軸がそれぞれ囲まれている必要があります。画像のように5×5の枠を3方向に組み合わせて配置すると効率よく囲むことができます。

 

横から見た様子

 

上から見た様子

 

効果が最大の状態になるとコンジットの目が開くので、ブロック配置の目安にすると良いでしょう。

通常の起動状態

 

効果が最大の状態

その他の使いみち

コンジットは光源としても使えます。明るさはゲーム内で最大レベルの15です。
光源として使う場合は起動させなくても良く、置くだけで発光します。

 

コメント一覧(2)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
Aさん 8月29日

コンジットはシルクタッチのツルハシじゃないと壊れるの???

こたろう 8月15日

すゴンジット(WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW)